婚約について

2人だけで結婚をしようと決めたら、もう婚約関係とも言えます。
つまり2人だけで結婚の約束をした時点で婚約しているという言い方ができます。
しかしもう一つ、婚約はカップルの両家の親にそれを伝え、食事会などをして公に発表することを言う場合もあります。
そういう意味では婚約は、こうしなければならないという決りはないのです。

今はしなくなってしまった人も多いようですが、日本には結納というものがあります。
男性の親が女性の親に結婚をお願いしにいく、婚約を公にする儀式的なものが結婚の前にありました。
しかし最近では家族みんなでの食事会や婚約パーティーなどを行うことが多くなっています。
それによって結婚しますというご挨拶をするわけです。
欧米では婚約パーティーをする人が多いとのこと。

とは言っても、いろいろな事情から婚約は二人きりでという人もいます。
そんなときに婚約指輪を贈って女性にはめてもらう事が多くなります。
いわゆる婚約の証というイメージです。
もちろんそれも法的に、なければならないものではありません。
しかし結婚すると決めたら、プロポーズのときや直後に婚約指輪を贈り、結婚したら結婚指輪を2人ではめる人がほとんどです。

また通知だけでも知人友人たちに送るというカップルもいますが、社会的にも結婚することで1つの家庭というものを持つわけですから、何かのかたちでご挨拶をすることも大切かも知れません。
また本人たちにとっても結婚への秒読みステップと考えることができ、結婚に向って着実に進むべきときということにもなります。